へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
情報処理技術者試験
春の情報処理技術者試験の願書受付が昨日から始まっていますね。
受験する方、申し込みをお忘れなきよう...
平成18年度春期試験について
Visual Studio 2005 & SQL Server 2005 日本語版 提供開始
Visual Studio 2005 と SQL Server 2005 の日本語版が、本日から MSDN 会員向けにサブスクライバダウンロードからの提供が開始されました。
ちなみに、パッケージが店頭に並ぶのは 2006年2月3日 のようです。

Microsoft(R) SQL Server(TM) 2005およびMicrosoft Visual Studio(R) 2005日本語版、2月1日(水)に発売
VSUG 誕生
やや出遅れ気味ではありますが...(^_^;)
11月17日の the Microsoft Conference 2005 で Visual Studio 2005 の製品発表が行われましたが、時同じく17日に Visual Studio ユーザーグループ (VSUG) が始動しました。
設立スポンサーに Microsoft、発起人やボードリーダー、参加者には多くの Microsoft MVP な方々がいらっしゃいます。
設立にあたってはご苦労も多かったとうかがいました。
関係者の方々、ホントお疲れ様でした。

あとは我々一般の参加者で VSUG を盛り上げ、有意義なコミュニティに育てていきましょう。主役は「コミュニティに参加する参加者」なのですから。
# 私も先ほどユーザー登録を行いました。
# 微力ながら VSUG の発展に寄与できれば...と思っています。

ココをご覧になった方は是非参加していただいて、一緒に盛り上げていきましょう。
デベロッパ向けのフォーラム以外にも、運用管理のフォーラムや談話室なんかもありますので。

Visual Studio ユーザーグループ (VSUG)
Visual Studio 2005(日本語版) の登場まであと少し
11/7 に米国で英語版 Visual Studio 2005 のローンチ・イベントがありました。
さて日本語版は?...(このページ右上にあるバナーをご覧ください)

そう、11/17 の the Microsoft Conference 2005 で製品発表が行われます。
the Microsoft Conference 2005 については、以前にもこのブログで紹介しましたが、キーノートにマイクロソフト株式会社の ダレン ヒューストン (Darren Huston) 社長、マイクロソフト コーポレーションの CEO である スティーブ バルマー (Steve Ballmer) 氏が登壇するなど、非常に楽しみな内容です。
きっと盛り上がることでしょう。

さて、右上に貼ったバナーですが単なるバナー広告だと思わないでくださいね。アニメーションの中に「Supported By MVP」の文字が見えると思いますが、Microsoft がユーザーや MVP からのフィードバックを受け付け、より良い製品にしようとする取り組みを行い、その結果できあがったことへの感謝の思いが込められているバナーです(登場 Visual Studio 2005!Supported by MVP)。
# 私も MVP でありながら、VS2005 のベータでは全然協力できていないので、バナー貼るのも心苦しかったりしますが...(^_^;)

何はともあれ、Microsoft はユーザーのフィードバックを受け入れ、製品に反映させていこうと取り組んでいるのが伺えます。
我々も、良い点、悪い点など、どんどんフィードバックしましょう。
VB エディタ上でホイールによるスクロールができない
Visual Basic の IDE エディタ上でマウスホイールによるスクロールができない方へ。
Microsoft IntelliPoint のバージョン 4.9 以降を使用している場合、VB(VBA) エディタ上でホイールスクロールができません。
回避策として、フリーソフトの どこでもホイール を使用している方って多いのではないでしょうか?
実は Microsoft のサポート技術情報によると、回避策として
 ・アドインを使用する方法
 ・IntelliPoint のバージョンを version 4.12 に戻す方法
が掲げられています。
IntelliPoint のバージョンを戻すなんてことはしたくない(チルトホイールによる横スクロールができなくなってしまうのでは?...未確認)ので、アドインを使用するのが良いんでしょうね。
ということで、私の環境にもアドインを突っ込んで、無事にホイールスクロールができています。

Visual Basic 6.0 IDE でマウス ホイール イベントが機能しない

# そこのあなた、「VB エディタではホイールは使えないんだよ!」なんてことを
# 胸を張って言ってちゃダメですよ。
# 便利に使えるものは便利に使いましょ。


<更新:2006年7月7日>
「VB スクロール」や「VBA ホイール スクロール」などのキーワードで検索エンジンからお見えになる方が多いので追加情報です。
上記で
 ・アドインを使用する方法
 ・「どこでもホイール」を使用する方法
を紹介しましたが、最近セットアップしたマシンではどちらの方法も取っていないのにホイールスクロールができるんです。
IntelliPoint の最新バージョン 5.5 を使用するようにしたからかな...と思っていたのですが違ったようです。
どうやら コチラ で紹介した Wheel Redirector というフリーソフトが機能したんですね。
このソフトによってエクスプローラなどが便利に使えるようになるんですが、VB(A) エディタでのホイールスクロールもできるようになります。
ということで、1 つ追加します。
 ・アドインを使用する方法
 ・「どこでもホイール」を使用する方法
 ・「Wheel Redirector」を使用する方法
#他にも方法はあるようですが、とりあえず へーいち が試した方法として...

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.