へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
KINECT ジョイライドで遊んでみた
 マイクロソフトのゲーム機 Xbox 360Kinect センサー な環境向けに 2011 年 1 月 20 日ゲームソフト Kinect ジョイライド が発売になりました。
Xbox 360 は以前から持っていましたが、Kinect センサーは持っていませんでした。
つーか、買ってしまうと嵌りそうなので Kinect センサーにだけは手を出していなかったわけですが、何とも楽しそうな Kinect ジョイライド が発売になるということで、ついに我慢しきれず Kinect センサーを購入してしまいました。
センサーが届いたのが Kinect ジョイライド 発売の 1 週間前。その間 1 週間は Kinect センサーに同梱されている KINECT アドベンチャー!で Kinect を体験し慣れる。
それにしてもコントローラー不要で、カラダの動きを正確に読み取る Kinect センサーは素晴らしい!
ゲーム以外の用途も色々と思いつくところなので、今後どのような製品に利用されるのか楽しみだ。


さてさて本題の Kinect ジョイライドですが、早速開梱して説明書をパラパラ見てから開始してみる。
なるほど、ハンドルもコントローラーも使わないドライビングゲームということですが、(あたかもハンドルがそこにあるかのように)腕を回して運転する。
アクセルやブレーキの操作は自動だが、(ハンドルを体に引き寄せるような感じで)腕を引くようにするとパワーをため込むことができ、その腕を前方に突き出すことでため込んだパワーを爆発させる(ブースト)といったことや、カラダを傾けてドリフトしたり、ジャンプしている最中に腕を回したりカラダを捻ったりすることで車体を回転させたりするスタントができる。
このゲームを経験して感じたのが「動作が自然」ということ。
例えばドライビングゲームで、アクセルが A ボタン、ブレーキが B ボタン、ハンドル操作は←→といったことではなく、加速するために腕を前に突き出すだとか、カーブを曲がるときにカラダを傾けるといった操作は、頭で考えるのではなく直感的で自然にできる。だから余計な説明をしなくても、すぐに誰でも楽しめる。

本格的なドライビングゲームを期待して Kinect ジョイライドをプレイする方は少ないと思いますが、これはスピードを競って一生懸命になるゲームではないです。ファミリーや友人とのパーティーなどでワイワイ騒ぎながら楽しむゲームです。
2 人同時にプレイできるし、全身を使ってスタントしているプレイヤーを見て、プレイしていない人も楽しむことができます。まさにパーティー向けですね。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.heiichi.com/trackback/851444
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.