へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
Excel で効率的にデータを入力する
Excel でデータを入力中、なるべく無駄な手の動き(マウス使用)を行わずに効率的に入力する方法です。

まず以下のようなデータシートがあります。



実験 1 回目で測定点 1 から測定点 10 までのデータを入力し、実験 2 回目、3 回目・・・といった具合にデータを入力する場合のセルの移動についてです。



そう、上のように入力していくこととなりますね。
上から下への移動は、Enter キーにより移動できます。
Excel 2007 の場合、[Office ボタン] - [Excel のオプション] - [詳細設定] で、「Enter キーを押した後にセルを移動する」にチェックが付いていて、「方向」が「下」になっている必要があります。
Excel 2003 などの旧バージョンでは、[ツール] - [オプション] - [編集タブ] で設定します。

ポイントとなるのは 1 回目の測定点 10 の入力後、2 回目の測定点 1 の入力に移るときなど、下から上に入力セルが戻るときです。
このときにカーソルキー(矢印キー)で移動したり、マウスで移動するのは面倒です。
# 実際は面倒というよりも、思考が途切れることになるのがイヤです。

そんなときは、あらかじめ 1 回目の測定点 1 から 5 回目の測定点 10 までを入力範囲としてドラッグして指定しておきます。



そうすることでデータ入力後に Enter キーを押すだけで、目的に順番にアクティブセルが移動してくれますので、継続してデータを入力することができます。



上手に活用して、効率的に入力しましょう〜
コメント
from: ビリー   2009/08/06 11:30 AM
大変参考になりました。こちらは宝の山のようです。時間ができたらまたお邪魔して宝探しさせてください。
from: へーいち   2009/08/06 1:11 PM
ビリー さん、ニュースグループからですね、ようこそ〜♪

> こちらは宝の山のようです。
ぬぉーーーっ!
なんとも嬉しいお言葉!
こういうコメントをいただくと、これからもガンバッテ Tips など公開していこう!と思うのであります。

またお時間のあるときにでも遊びにきてくださーい。
コメントありがとうございましたー。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.heiichi.com/trackback/702148
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.