へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
Internet Explorer 7 の自動更新による配布
日本語版 Windows XP SP2、Windows XP Professional X64 Edition、および Windows Server 2003 SP1 向けに、明日 2008 年 2 月 13 日より順次 Windows Update(Microsoft Update) によって Internet Explorer 7 が配布されます。

現在 Internet Explorer 6 を使用し、自動更新を有効にしている(更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールする設定)場合、Internet Explorer 7 が自動的にダウンロードされ、インストールの準備が整った旨の通知が行われます。
深く考えずに「インストールする」を選択し、Internet Explorer 7 がインストールされてしまい、外観の違いなどに戸惑われる方も出てくることでしょう。

もし意図せずに Internet Explorer 7 をインストールしてしまい、Internet Explorer 6 に戻したいという場合、Internet Explorer 7 をアンインストールし、アップグレード前の Internet Explorer 6 に戻すことができます。
戻し方は、次の文書を参考にしましょう。

Internet Explorer 7 を削除する方法

ただし、ソフトウェアのインストールやアンインストールはお使いになっている環境によっては深刻な問題につながることも少なくありません。
例えば Windows が起動できなくなったり、Internet Explorer が起動できなくなったりということが考えられます。
万一に備えて Internet Explorer 7 をアンインストールする際には、重要なデータなどのバックアップを行った後に実施するようにしましょう。

また意図せずに Internet Explorer 7 にアップグレードしてしまった場合でも、特に困ること(困る場合の一例として、社内イントラサイトが Internet Explorer 7 に対応していない等)がない場合は、そのまま Internet Explorer 7 を使用することをおすすめします。
Internet Explorer 7 は 以前のバージョンに比べセキュリティ面も強化されており、使い勝手も良くなっています(感じ方は人それぞれでしょうが)。
Internet Explorer 6 に戻すことを考える前に、しばらく使用してみることをオススメします。

Internet Explorer 7 へのアップグレードを望まないユーザーの方は、事前に Internet Explorer 7 Blocker Toolkit をダウンロードして展開しておくことで、Windows(Microsoft) Update によって優先度の高いプログラムとして通知されるのを防ぐことができます。
これは「通知されるのを防ぐ」もので、ユーザーが Internet Explorer 7 を手動でインストールすることを防ぐことはできません。
Internet Explorer 7 Blocker Toolkit および、Internet Explorer 7 の自動更新による配布に関する詳細な情報は、次のページをご覧ください。

Internet Explorer 7 の自動更新による配布
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.heiichi.com/trackback/620739
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.