へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
Microsoft へのエラー報告
最初にお断りしておきますが、「エラー報告を送信するのをやめよう」と言うことではありませんよ。エラー報告を行うことによって Microsoft で問題を調査し、解決につながるかもしれないんですから。
可能な限りエラー報告は行うようにしましょう。

ただし.....
何も考えずにエラー報告のウィンドウが表示されたら「ポチッ」と「送信する」ボタンを押すというのもどうかと思います。
というのは、こちらの「データ収集ポリシー」のページに次のように書かれているからです。

情報収集の際には、個人情報や機密情報がエラー報告に含まれる可能性があります。
(途中省略)
エラー報告に個人情報や機密情報が取り込まれることが心配な場合は、エラー報告を送信しないでください。


そうです、エラー報告のデータには様々な内容のデータが含まれます。もし機密情報を扱っている最中にエラーが発生したとなると、そのときのエラー報告にはおそらく機密データの一部が含まれることでしょう。
基本的には問題解決のためにもエラー報告を行うことを推奨しますが、万一にも漏れては困る情報を扱う PC や、機密情報を取り扱っている際やその直後のエラーについては、少しシビアになる必要があります。

ちなみに次の設定で、重大なエラーが発生した場合以外は Windows がエラー報告するかどうかを聞いてこないようになります。
 1)マイコンピュータを右クリックして、「プロパティ」を選択
 2)「詳細設定タブ」を開き、「エラー報告ボタン」をクリック
 3)「エラー報告を無効にする」と「重大なエラーが発生した場合は通知する」にチェックを入れて「OKボタン」をクリック

このあたりの設定も上手く使用して、差し支えない範囲でエラー報告を行うようにしましょう。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.heiichi.com/trackback/206229
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.