へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
[Xbox 360] Dance Central でダンス、ダンス、ダンス!
2011 年 6 月 2 日に発売された Xbox 360 + Kinect 用ゲーム Dance Central でダンスしてみた。

まず、このゲームはとことん楽しい!
ダンス経験ゼロの へーいち にとっても楽しい!

Web ページの宣伝文句?には
カラダ全体をフルに動かしてあの有名洋楽で踊れる、かつてないダンスゲームの登場だ。最新のポップスから、ヒップホップ、R&B、定番のファンクまで幅広く、海外有名アーティストの楽曲を多数収録。プロの振付師によって作られたストリートダンスは初級から上級までレベル毎に分かれていて、90 以上のダンスルーティン (振付) と 650 以上ものダンスムーブ (動き) が習得可能。ダンス初心者もプロも、誰もが大満足で楽しむことができる。完璧にダンスを踊り切れば評価が上がり、コンテンツがアンロックされるなど、ダンスゲームとしての魅力もとことん追求できる。本格的なストリートでのステージと君をエスコートする個性的なキャラクター達と共に、ホンモノのストリート感を堪能しよう!
とあるが、まさにその通り。
収録されている曲が有名アーティストの曲ばかりで、知っている曲だからこそ入り込みやすい。
また収録曲ごとにレベル分けされていて、かつプラクティスモードでは 1 つ 1 つの動作を画面上のデモダンサーが丁寧に教えてくれる。うまくできなければ何度でも、スローテンポで練習することもできる。

さらに「細かく見ているなぁ...」と思うのが、ムーブのつながり具合によってスポットライトの色が赤→黄→緑→白と変化したり、カラダをうまく動かせていないと画面上のデモダンサーのその部分が赤くなる。例えば右手の振り方が小さすぎるとダンサーの右手が赤くなるといった具合に。
こういった機能は、踊りながらもちゃんと動けているのかどうかがわかってイイね。

難易度の低い曲から始めれば、ついていけなくてイヤになるということもなく、楽しみながらどんどん入り込んでいくといった感じ。
ちなみに最初から収録されている楽曲はこちら
Lady Gaga の Poker Face あたりが難易度 0 なところが敷居を低くしているというか、入り込みやすくしているんだろうな。

とにかく楽しみながら踊って汗をかくことのできるゲームで、楽曲の数、ダンスルーティン (振付) の種類、ダンスムーブ (動き) の種類の多さから、毎日ダンスしても制覇しきれないほど。
この夏がよりアツくなることでしょう。
KINECT ジョイライドで遊んでみた
 マイクロソフトのゲーム機 Xbox 360Kinect センサー な環境向けに 2011 年 1 月 20 日ゲームソフト Kinect ジョイライド が発売になりました。
Xbox 360 は以前から持っていましたが、Kinect センサーは持っていませんでした。
つーか、買ってしまうと嵌りそうなので Kinect センサーにだけは手を出していなかったわけですが、何とも楽しそうな Kinect ジョイライド が発売になるということで、ついに我慢しきれず Kinect センサーを購入してしまいました。
センサーが届いたのが Kinect ジョイライド 発売の 1 週間前。その間 1 週間は Kinect センサーに同梱されている KINECT アドベンチャー!で Kinect を体験し慣れる。
それにしてもコントローラー不要で、カラダの動きを正確に読み取る Kinect センサーは素晴らしい!
ゲーム以外の用途も色々と思いつくところなので、今後どのような製品に利用されるのか楽しみだ。


さてさて本題の Kinect ジョイライドですが、早速開梱して説明書をパラパラ見てから開始してみる。
なるほど、ハンドルもコントローラーも使わないドライビングゲームということですが、(あたかもハンドルがそこにあるかのように)腕を回して運転する。
アクセルやブレーキの操作は自動だが、(ハンドルを体に引き寄せるような感じで)腕を引くようにするとパワーをため込むことができ、その腕を前方に突き出すことでため込んだパワーを爆発させる(ブースト)といったことや、カラダを傾けてドリフトしたり、ジャンプしている最中に腕を回したりカラダを捻ったりすることで車体を回転させたりするスタントができる。
このゲームを経験して感じたのが「動作が自然」ということ。
例えばドライビングゲームで、アクセルが A ボタン、ブレーキが B ボタン、ハンドル操作は←→といったことではなく、加速するために腕を前に突き出すだとか、カーブを曲がるときにカラダを傾けるといった操作は、頭で考えるのではなく直感的で自然にできる。だから余計な説明をしなくても、すぐに誰でも楽しめる。

本格的なドライビングゲームを期待して Kinect ジョイライドをプレイする方は少ないと思いますが、これはスピードを競って一生懸命になるゲームではないです。ファミリーや友人とのパーティーなどでワイワイ騒ぎながら楽しむゲームです。
2 人同時にプレイできるし、全身を使ってスタントしているプレイヤーを見て、プレイしていない人も楽しむことができます。まさにパーティー向けですね。

[Xbox 360] Forza Motorsport 3
ゲームにもドライビング、シューティング、RPG 等、色々な種類がありますが、へーいち としてはクルマを運転するいわゆるドライビングゲームこそゲームの基本と思っております。
そんな中、2009 年 10 月に Xbox 360 用レーシングシミュレーター「Forza Motorsport 3」が発売されたので早速プレイしてみました。

フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニを含む国内外50 を越える自動車メーカーの400 車種以上の最高のカーラインナップ
確かにスゴイ!
へーいち が子供のころに憧れたスーパーカー、免許を取得してクルマに乗り出した頃に現役だったクルマ、今どきのスポーツカーなどなど、高いグラフィッククオリティで描かれたたくさんのクルマを見ているだけでワクワクです。
マーケティング的な視点から見ると、オジサン達でも若かりし頃に乗っていた(あるいは憧れた)クルマをラインナップに加えることで、オジサン世代をも引き込まれてしまいますね。

すばらしい景観のストリート コースが収録されます。
スペイン モンセラトの壮大な山並みや、起伏の激しいイタリア アマルフィ海岸、米国東南部など・・・
そうなんです!
「レース」というと早く走ることを考えますが、このゲームは素晴らしい景観のストリートコースを気持ちよく流す...ということができます。
これもグラフィッククオリティの高さなのでしょう、ドライビングしていてすごく気持ちが良い。
そんなときにありがたい「オートブレーキアシスト機能」なんて機能もあります。これは、ブレーキ操作をアシストしてくれる機能で、おかげでドライビングに一生懸命になりすぎることなく周りの風景を楽しむことができるのもうれしい。
あるときはスピードにこだわってサーキットを疾走する、またあるときは市街地や郊外の景観を楽しみながら気持ちよく流すといった楽しみ方ができます。

まだまだ集中してプレイする時間がなく十分に楽しみきれていないのですが、このゲームは楽しい!
難しいルールに縛られるわけでもなく、本能のままにドライビングして楽しむことができるので、簡単には飽きないかな。
さて、ワイヤレス レーシング ホイール
でも注文しよう。。ははっ(笑)

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.