へーいち の うぇぶろぐ

へーいち が、徒然なるままに記録している雑記帳です。(^_^;)
初心者向けに「コンピュータで困ったときの対処方法」や「コンピュータをより便利に使おう」といった内容を充実させたいと思ってはおりますが、何を隠そう「雑記帳」ですから自分用のメモや備忘録も兼ねることになるでしょう。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

  本日:
  昨日:
  累計:
 
宮崎 日南 鵜戸神宮
鵜戸神宮。
本殿は洞窟というか岩窟の中。









自由の女神@奥入瀬
近くまで行きたかったけれど、雪が深くて近寄れない〜

震災復旧支援
 東北地方太平洋沖地震による津波被害を受けた客先のコンピューターシステムを復旧するために、3/17〜 約 2 週間にわたり青森県八戸市の八戸港付近に出張しました。
システムは無事に復旧しましたが、八戸港付近は津波によって岸壁に打ち上げられた漁船や冠水した住宅なども多く、被害の甚大さを目の当たりにしました。
また、3/31〜 2 日間、やはり津波被害のあった福島県の小名浜港に、同じくコンピューターシステム復旧に行ってきました。

被害を受けられた方々には心からお見舞い申し上げます。

今後とも何らかのかたちで復旧・復興を支援できれば...と、微力ながら思っております。

最後に一言。
八戸港の復旧作業にあたっていた日曜日、残念な光景を目にしました。
被災地見学と思しい人々が次々にやってきては写真を撮って帰っていきます。八戸港付近は信号機も滅灯している状況ですから、交通量が増えると交差点付近はすぐに混雑し、住民の皆さんや復旧作業関係者に迷惑をかけることになります。
「被災地見学はやめましょう!」
北海道(道北)気ままな旅
 え〜、北海道出張中の へーいち です。
留萌の客先で仕事をし、3 日半の空きがあった後に同じく留萌にある別の客先で仕事、その後は稚内の客先に移動する予定です。
今回の出張ではなんと 3 日半のオフがあり、その間気ままな旅を続けております。

本日はオフの 2 日目。

オフ 1 日目は赤いラインで移動し、2 日目は青いラインで移動しています。


 
さて、最初の目的地は豪雪地帯にある音威子府駅。この駅のソバ屋で「黒いソバ」を食すこと。
期待に胸を膨らませながら駅舎に入ると「がーん!」
なんと水曜定休...残念。



せっかくなので駅舎脇からホームを見てみると、なんと雪が多くてホームの高さに迫っている。
と、思っていたら列車が来るらしい。



列車は何事もなかったかのように到着。
この列車が出ると、次の列車まで 2 時間以上あるらしい。



さ、次なる目的地「豊富温泉」に移動。
写真は豊富温泉の日帰り入浴施設「ふれあいセンター」。
豊富温泉は石油の掘削中に湧き出た温泉だそうで、コールタール臭いらしい。
アトピーなどの皮膚病に効果があるとかで、全国から湯治客も来るらしい。
入ってみると、浴室への扉を開けた途端に、強烈なにおい。お湯の表面には油が浮いている。
温泉に入って「体がツルツルになった」とはよく聞くが、ここは「温泉に入って体が油でヌルヌルになった」って感じ。
それでも納得の温泉なり。




ぁ、ハナタレナックスの大泉洋のサインがありました。
まだ最近だね。

 

その後は稚内に移動して宿泊。
翌日は日本最北端の地「宗谷岬」に立ち寄りました。
天気も良く、遠くロシアが見えていました。



そのままオホーツク海にそって進み、白鳥の湖「クッチャロ湖」へ。



冬の湖には人っ子一人いない。
が、白鳥たちは健在でした。寒そうでしたが...



次も目的地は昨日のリベンジで音威子府駅。
今日は天気も良く、きれいな駅舎が映えていました。



期待しつつ駅舎内に...
やったぁ!、今日は営業していました。



黒い天ぷらそばと、おにぎり(梅干し入り、爆弾おにぎり ¥100)をいただく。
蕎麦っぽさが何ともいい感じ。



念願かなったことだし、この後は本日の最終目的地旭川に向かう。

旭川では「サロマ湖とばろう村」というお店で、カキのがんがん焼き(蒸しガキ×約20個)を2つ、ツブ貝刺身、ホタテ刺身、シシャモ焼き等々をいただく。
写真の「カキのがんがん焼き」はあまりうまそうに見えないけれど、蒸し焼きの殻つきカキが 20個以上積み上げられているから圧巻です。(1人で来て、これを2つも注文する人は少ないらしい)



と、まぁ、満喫したわけでした。
明日はどこに行こうかな...
BALI(4) カーチャーター編
2010/08/08 出発、2010/08/17 帰国ということで、今年の夏の旅行は終了。
無事に昨日帰国し、本日より仕事に復帰いたしました。

帰国時には成田空港の税関チェックを抜けたところでテレビ取材を受けました。
どうも帰国ラッシュの日だったようで、
どちらに行かれていましたか?
何日間ですか?
円高であることを実感できましたか?
などなど。
ありきたりの回答しかしなかったので放送されたのかどうか…

さて、今回の旅行では観光、ビーチ、プール、食事...とすご〜く満喫しましたが、機動力となったのがカーチャーター。
往復の空港−ホテル間、観光に丸 2 日利用しました。
事前に日本で調べて予約しておいた、日本語ペラペラで良心的ドライバーのプタラさん。

バリ島在住♪♪タクシードライバーやってます♪

検索すると彼に関する情報がちらほらと見つけられますが、どれも良い話ばかり。
事前にメールで予約してから出発。
深夜到着の便でイミグレにも時間がかかりましたが、空港出口で へーいち の名前を書いたプラカードを掲げて笑顔で迎えていただきました。
バリ島到着後すぐに現地ケータイが使用できるように、出発直前にプタラさんに「SimPATI の SIM カードが欲しいので、空港からホテルまでの間でどこかで買わせて」とお願いしておいたのですが、ホテルに直行できるように事前に購入しておいてくれました。
まだ会ったことすらないのに。感謝。
(訳あって現地ケータイ作戦は失敗に終わりましたが...)

観光では、1 日はキンタマーニ高原やウブドをリクエストしたものの、2 日目は特に何も考えていなかったので、「観光名所、ビーチ、ウミガメ」をリクエストして順番や場所はお任せしたところ、見事に無駄のない組み合わせでタナ・ロット寺院→スランガン島(ウミガメ)→ヌサドゥア(ビーチ)→ウルワツ寺院と楽しませてくれました。
ちなみにチャーター料金は、
・空港−クタのホテル間送迎: 500 円
 (空港タクシー利用でも Rp.40,000 だか Rp.50,000 なので空港タクシーとほぼ同額ね)
・観光: 5,000 円 / 8 〜 10 時間
 (ありゃ、今考えると 2 日とも 11 〜 12 時間も引っ張りまわしてしまった)
です。
単にドライバーとクルマをチャーターするというのではなく、日本語でいろいろと説明してくれたり、様々なな場面で通訳をしてくれたり、すごく助かりました。
バリに行く方でクルマをチャーターしようと思っている方にはオススメです。
ハイシーズン中ってこともあったのかもしれませんが、8 月の予定を 5 月下旬に確認したところ、すでに予約の入っている日もあったほどで、随分とお忙しいようです。
お願いするときは早めに連絡した方がよさそうです。

putara80@hotmail.com

メールは以下のようにローマ字で。
Kondo BALI ni ikimasu.
Annai shite hoshiinode yotei wo oshiete kudasai.

BALI(3)
今まではバリに来ても観光スポットにはほとんど行っていなかった へーいち ですが、先日のカーチャーターでのキンタマーニ高原、ウブドに続き、またまたカーチャーターして観光スポットに行っちゃいました。
朝 9:00 にホテルに迎えに来てもらい、まずはタナ・ロット寺院へ。
荒々しいインド洋に浮かぶタナ・ロット寺院は写真で見るよりずっと神秘的でした。

●タナ・ロット寺院


次にサヌール沖にあるスランガン島へ。
以前は船で渡るしかなかったらしいが、最近(?)橋ができたためにクルマで行き来ができるようになったらしい。
ここにウミガメと触れ合えるところがある(らしい)ということで行ってみた。
あった、あった。
ウミガメに餌をあげたりできるのに入場料はなくチップのみ。
3 人で行って Rp.20,000(200円)で OK。

●スランガン島のウミガメ




次いでローカルなワルンに連れて行ってもらってインドネシア料理のランチ。
その後はヌサドゥアにあるパブリックビーチへ。
ヌサドゥアと言えば大型リゾートホテルが立ち並び、ビーチはホテルのプライベートビーチばかりだと思っていましたが、誰でも利用できるパブリックビーチもあったのですね、オドロキ。
パブリックとはいえ、管理も行き届いていてうるさい売り子もいない。
クタ・レギャンに宿泊して、ヌサドゥアのビーチで楽しむってのが良いかも。

●ヌサドゥアのパブリックビーチ(名前忘れた...)


夕方までビーチで遊んで、夕陽を見にウルワツ寺院へ。
撮影の腕が未熟なため夕陽はうまく撮れなかった。。

●ウルワツ寺院


いやぁ、満喫。
さて、明日はウォーターボムパークに行く予定。
まだまだ遊ぶぞぉ!
BALI(2)
え〜、今回は 7 回目の渡バリ(多分...)で、今までで最長の 8 日間ということもあり、珍しくクルマをチャーターして観光に行ってきました。
まずはキンタマーニ高原。バリ島の避暑地のようなところで、山というより丘をず〜っとクルマで登っていく。当然クルマの中はエアコンをガンガンに効かせていたわけだが、標高が高くなるにつれて途中からはクルマの窓を開けて心地よい自然の風を感じる。
かなり涼しく、まさかバリで長袖シャツが恋しくなるとは思わなかった。。

●キンタマーニ高原より


次はウブド。
ウブドには以前にも来たことがあるが、あまり記憶にはない。
とりあえずバリの観光案内でよく見る段々畑(ライステラス)に行く。
こりゃ奇麗だ。思っていたより広い範囲が段々畑になっている。

●ライステラス


せっかくウブドに来たので、ランチにはこれまた観光案内でよく見かけるバビグリン(ブタの丸焼き)で有名な IBU OKA へ。
13 時頃に到着したところ、ものすごい混雑。
どうにか食すことができたが、店内は空席待ちの人が溢れていて落ち着いて食べていられない。そんな状況のため味わって食べていられなかった。
次回機会があればブンクス(持ち帰り)にしよう。

●バビグリンの IBU OKA


●IBU OKA のブタの丸焼き


ついでにモンキーフォレストにもチラッと行ってきました。
あちらこちらに猿がいて、ペットボトルの水を奪われましたYO.
印象に残っているのは、猿の餌用のバナナが販売されていたけれど、Rp.20,000(約 200 円:2010 年 8 月現在)ですぜぃ。
日本ならともかく、物価の安いバリで親指ほどのバナナが 10 本くらいで 200 円ってどーよ!(ビールを飲まなければ 1 食 100円〜200円で済むんですから!)
ま、楽しめましたけど長居するところではないって感じ。。

●モンキーフォレストの猿

BALI(1)
さて、念願の夏休みということで、昨夜着で南の島に来ています。
今回の宿泊はクタのクタビーチとレギャン通りの間(クタビーチにほど近い場所)のポピーズ 2 通りに昨年 OPEN したデクタホテル(DEKUTA HOTEL)。
新しいので部屋は奇麗ですが、バリっぽさはまったくない。
お安い割に部屋も立地も満足。ただし日本語スタッフはいないとのことで、初日からセーフティボックスの使い方や変圧器の借用が難航。。

●ホテル外観


●クタビーチ周辺(ポピーズ兇瞭り口あたり)


●本日のクタビーチ


●ホテルの部屋よりプールを望む


●やっぱバリではビンタンだね!
さっぽろ雪まつり
昨日までの 4 日間、北海道苫小牧に出張していました。

システムトラブルで予定外の緊急出張だったため、もともとの出張先の静岡(掛川)から直接富士山静岡空港を利用して行ってきました。
初めて利用した富士山静岡空港は、マイカー利用者以外の公共交通機関利用者には辛いなぁ...というのが感想です。空港と駅間を結ぶバスの本数が少なく、かつ航空機の発着便数がごく限られているにもかかわらず航空機の発着時刻とリンクしていない。。
帰着時は掛川駅行きのバスを待つこと 55 分。ようやく発車したと思ったら、菊川駅経由で掛川駅到着までに 50 分(クルマだと 20 分なのに...)。
新幹線を併用して中部国際空港か羽田空港を利用した方が、航空機の便数の多さを考えると便利なのかも。。

ま、それはさておき、出張に行って仕事だけで帰ってくる へーいち ではない!
今回はタイミング良く(?)さっぽろ雪まつりの開催期間と重なったので、仕事の空いた 7 日(日)の午後に札幌まで行ってきました。
# 7 日の午後以外は土曜日だって仕事だったんですよ、念のため。

●韓国・百済王宮
テレビでの雪まつり報道では、この王宮の映像が放送されることが多いかな。





●ちびまる子ちゃん


●ミッキー&ミニー


●?


●北の動物園


●ポニョ


●マリオ


●子供たちに人気だった氷のすべり台


●喫煙コーナーもお洒落


HTB の on ちゃん


ぬぉ!、on ちゃん と言えば HTB、HTB と言えば おにぎりあたためますか ですが、なんと静岡でも放送してるぢゃないですか!

SATV 静岡朝日テレビ
日曜 深夜1:10〜

知らなかった。。
留萌出張(番外編)
北海道といえば HTB(北海道テレビ)、HTB といえば「おにぎりあたためますか」とまで言ってよいのかどうかわかりませんが、オクラホマが訪れたローソン留萌駅前店で弁当を買うついでに、「おにぎりあたためますか」のポスターを撮影。
店員のおねぇさんに笑われましたYO.


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.